ライフハック

透明なのに眩しさを軽減するbui(ビュイ)レンズとは?パソコン用に乱視矯正メガネを使い始めたら目のかすみとぼやけが激減した

投稿日:

長時間パソコン作業をする方の共通の悩みと言えるのが目の疲れではないでしょうか。

私の場合は特にデザインやパワーポイントなどの資料作り、コーディングなど、細かいオブジェクトを見ることが多い作業の後にピントが合わなくなります。

目の使いすぎが原因ということはわかっているのですが、パソコンを使わないわけにはいきません。かといって目は代えが効かないので、なるべく負担を減らすためにパソコン作業に特化した眼鏡を作ることにしました。

JINS PCはブルーライトをカットするが、ぼやけ目には効かなかった

手始めにJINS PCを使い始めましたが、ぼやけ目がなくなることはありませんでした。

後でわかったことですがこれは当然で、 JINS PC にはブルーライトをカットする機能はありますが、視力を矯正する機能はありません。(度付きタイプも選べますが私が購入したのはブルーライトカット機能のみの商品でした。)

私の場合は乱視があったので、ブルーライトをカットしただけでは目の疲れは軽減されなかったのです。

さらに JINS PC はブルーライトをカットするためにレンズが茶色がかっています。これがデザイン作業をする時にネックになりました。色が変わってしまうので、メガネを外したりかけたりしなくてはなりません。

透明なのに眩しさを軽減するビュイレンズを知る

何か良い眼鏡はないものかと検索を続けていたところ、眼鏡屋の店員と名乗る方の投稿を目にしました。

その方が使っているのはbui(ビュイ)レンズと呼ばれる、透明なのに眩しさを軽減するというレンズでした。

さっそく取り扱っている眼鏡屋を調べて行ってみました。どうやらチェーン店では取り扱いがないらしく、個人オーナーがひっそりとしかしこだわりを持って営業していそうなお店です。

インターネット上にビュイレンズに関する情報がほとんどなかったので、ビュイレンズの仕組みから教えていただきます。レンズの表面にハニカム構造に似たコーティングが施されており、そのコーティングによって目に負担がかかる光がカットされるという仕組みだそうです。

コーティングは人間の目では見えないくらいの細さなので、視界が遮られるということはありません。レンズは完全に透明で、パソコンの色が変わってみえることもありません。

検査をしてみたら乱視だった

その日のうちにビュイレンズでメガネを作ることになりました。

早速検査をしてみたところ、どうやら乱視があったようです。私は20代の頃にレーシックを受けているので視力は悪くないのですが、乱視によって手元のパソコンに焦点が合いづらくなっているとのことでした。それを無理やり焦点を合わせることで眼精疲労が生じ、目がぼやけるのではという見立てです。

というわけで、ビュイレンズによって眩しさを軽減・手元に焦点が合うよう弱めの度数・乱視を矯正というパソコン用メガネが完成しました。

ちなみに値段は格安メガネ店の3倍ぐらいしました。出費は痛いけど、商売道具の目を労るための投資だと思うことにします。

長時間ディスプレイを見つめていても目がぼやけなくなった

それからというものを、 スマホでもパソコンでも画面を見る時は常に眼鏡をかけるようにしています。

最初は半信半疑でしたが、8時間ぐらいパソコンを使った後でも、目がぼやけて焦点が合わなくなるということがなくなり、効果を感じています。

今では眼鏡なしでディスプレイの文字を読もうとすると、読みにくくて眉間にしわが寄るのが自分でわかるようになりました。

apple社が スクリーンタイムという機能を搭載してきたように、ディスプレイを見ない時間を確保しようという動きは拡大していくだろうなと思います。意図的に画面から離れる時間を設けるとともに、画面を見なくてはいけないときはできるだけ周辺環境にこだわるべきと教えてくれたメガネでした。

-ライフハック

Copyright© すみれ荘 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.