ライフハック

ヘアアイロンブラシはロールタイプがカール・ストレート両方に対応できて便利

投稿日:

以前購入して大絶賛していたアイロンブラシ。
ブラシ型のヘアアイロンで、とかすだけでブローが決まるすぐれものでした。

しかし、髪型を変えたことで1つ難点が出てきました。カールができないのです。

流行りの外巻きワンカールのボブをやりたいのですが、ブラシ面が平ったいのでうまくカールがつきません。手を添えてカールしようとしてもきれいなカールにならないのです。

これは困ったということで、カールもできるアイロンを探しました。そして購入したのが、当初購入候補に挙がっていたPanasonicのカールアイロンです。ちょうど新商品のCMをやっていて思い出したのです。

これも3,000円です。安い!

ブラシがカール型になっていて、360度熱源がついています。クリップがあることで髪の毛が逃げず、きれいなカールができるということでした。

凝ってるし、安心の国内メーカー!で期待していたのですが、残念ながら試しただけで手放すことになりました・・・。

なぜなら、パワーがめちゃめちゃ弱かったのです。日本の電圧で170度出る仕様でしたが、前述のブラシアイロンの170度設定と比べて明らかに弱い。髪を巻いてから5秒ほどキープしてからアイロンを離しても、髪が触れる位にパワーが弱かったのです。普通のコテだと、直後の髪の毛は触れないくらい熱くなるはず。

この熱が髪のうねりを取ってくれて、スタイルをキープできるので、パワーが弱いとスタイルが決まらない&崩れるのでアイロンの意味がなくなっちゃいます。髪には優しいんでしょうけど、1日もつスタイルを時短で作りたい私にとっては用をなさないのでした。

最後に行き着いたのがこちら。

同じくカール型で、直径は38mmを選びました。Panasonicのは26mmで、外ハネにはちょっとカール小さすぎたので大きめにしました。ボブくらいの長さだと直径小さめがおすすめされていますが、1回転しないくらいのカールが目的であれば大きめのほうが向いているんじゃないかと思います。私は38mmでうまく外ハネが作れています。

髪の内側にブラシを当てればストレートもできます。ストレートアイロンのようなまっすぐピーンなストレートではなく、ブローブラシで作ったような頭の形に沿ったストレートです。

気になる温度は5段階調節できて、パワーも十分でした。外出しても崩れなかったので、合格です!

結局2回も買い替えちゃいました…。昔よりも海外製が増えて安い機種がたくさん出ているのはありがたいんですが、ベストな製品に巡り合うのは目利きが大事ですねー。

-ライフハック

Copyright© すみれ荘 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.