宝塚

【観劇感想】月組『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』『クルンテープ 天使の都』

投稿日:

タイミング良く当日券が入手できたので観劇してきました。大劇場のライビュに続いて2回めです。

宮本武蔵は宝塚には合わなかった

「エル・アルコンー鷹ー」「トラファルガー」「TAKARAZUKA∞夢幻」など、何度も観返している斉藤先生作品は多いのですが、いかんせん今回は完全に原作と宝塚の相性が良くなかったですね。

週刊少年ジャンプのような「俺より強い奴を倒しに行く」ストーリーは、なかなかどうして女性ファンには共感しにくかったです。宮本武蔵が「無限無双」という強さの称号を求めて旅を続けるのですが、なぜ武蔵が強くなりたいのか、何に心が迷っているのか、心情が見えてきません。

全体を通して場面転換が細かく早いので、心情の変化を印象づけるには一場面ごとの時間と作り込みが足りないのです。加えてたまきちくんの安定した健康優良児感が隠しきれず、自分より強い相手に負けた悔しさ・父親への憎しみといった負の感情が伝わってきません。

例えば「エル・アルコン」であれば、安蘭けいさん演じる主人公がなぜ命の危険を犯してまで敵国のスパイとなり父親さえも手に掛けるほど闇落ちしていくのかが、回想シーンや心情を吐露する歌からも分かります。しかし武蔵の場合は 回想シーンが少なく背景が理解できないので、ただひたすら剣を振り回している浪人に見えてしまいました。

幕間で近くにいた方(女性)が「私達には理解できないわよー!男が好きなのはああいう感じよね!」って言っていて、あ、やっぱりそうですよね…と思いました。

一番残念なのは美弥さん演じる佐々木小次郎との決闘シーンですね。この作品のクライマックスなはずなのに、尺が短くて小次郎があっけなく破れます。今際の一言もなく奈落ではけてしまうので、「とうとう勝った!」感がゼロ。お願い、美弥さんにもうちょっと見せ場をあげて・・・。

修行中の武蔵の強さを見出し、いつか自分が手合わせをする日を楽しみにして、武蔵を助けることすらあった小次郎。小次郎に勝つことを目標にしてきた武蔵にとっては、ある意味師でもあったと思うのですよ。好敵手として自分を導いてくれた小次郎を破った時、小次郎へのいたわりというか、感謝の言葉がひとことでもあれば、エピローグへのつながりも良くなったし、たまきちくんの美弥さんへの感謝とも重なって良かったと思うんだけどなあ。

キャスト別の感想

たまきちくんは前述の通り、ダーティーさがもうちょっと出たらなあと思いました。各場面丁寧に演じているのは伝わるのですが、荒くれ感が欲しかったです。見た目は武蔵感ありましたけどね!あれはたまきちくんならでは。

美弥さん。美しいのひとこと。客席の拍手の力強さがはっきりわかります。

お披露目の美園さくらさんはお歌が上手でした!美しく響くし、歌声の裏に心情を感じさせますね。ショーではアニメ声っぽい印象の場面もありましたが、妖艶な役や大人っぽい役も似合いそうで、たまきちくんとのこれからの化学反応が楽しみです。

光月るうさんは今回かなりぐっと来ました。表面的には軽快なんだけど、芯の強さを感じさせる演技が素晴らしかったです。

ショーは藤井先生らしい華やかさ

タイがテーマとは珍しいですね。バンコクに行きたくなりました。お衣装も金が散りばめられてとてもきらびやか。ラインダンスのお衣装は緑のターバン×金色のタイの寺院モチーフで、クッパ大魔王(もしくは緑のこうらのやつ)を思い出してしまったw

幕開けからムエタイのシーンでは「きらきら」「ぴかぴか」「シュシュシュっ」「ダダダッ」って、擬音多いなw

その後もたまきちくんが決めポーズで帽子を脱ぐと何故かロングヘアが現れる、男女のいざこざで撃たれたはずのたまきちくんが転生するなど、盛りだくさんでしたw 

美弥さんとたまきちくんのデュエットも良かったですね。色違いの紫のお衣装で、安蘭けいさんの退団公演でちえさんと踊ったシーンを思い出しました。あのときは、「星組を頼んだよ」と言うかのようにとうこさんがちえさんの肩を抱くシーンで涙腺が崩壊したものでしたが、最後倒れた美弥さんにたまきちくんが寄り添うという終わり方はちょっと私にはよくわからないw 殺さないでw 

いいんですけどね、黒燕尾では美弥さん破格の扱いでしたしね。あれは胸熱です。

そしてお芝居が日本物で動きが少なかった分、美園さんのダンスが堪能できてよかったです!キレがあるのに品の良さと女性らしさがにじみ出ていました。これからどんどん大人っぽくなってたまきちくんのまっすぐさを引き立ててくれるんじゃないかと期待。

リフトはさすがタッパのあるたまきちくん、力強くぶん回していました笑。美園さんのピンクのドレスがきれいに円を描いて、蓮の花みたいで美しかったです。

予定外の2回目の観劇でしたが、1回目よりも発見がたくさんあって良いですね〜。

-宝塚

Copyright© すみれ荘 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.